こだわり編集|デジカメdeムービーシアター使い方

スポンサーリンク

こだわり編集|デジカメdeムービーシアター使い方

簡単編集では演出がテンプレート化されているのが難点です。
初心者のうちは「すごい!」と簡単編集でも満足できますが、
だんだん慣れてくると、「ここの演出をかえたいな~」となってきます。
そのような場合、「こだわり編集」で作成することをお勧めします。
一つ一つのエフェクト自体は変更できませんが、(エフェクト作りたい場合、別の高価なソフト、例えばアフターエフェクトなどを使用し、プロ並みの技術が必要になります)エフェクトを組み合わせは自分の好きなように組んでいくことができます。

できることとして

写真の挿入
演出効果、エフェクトの選択
文字
音楽の挿入
写真加工
フォントの変更
文字のアニメーション化
など、自分の好きなように組み合わせることができます。

こだわり編集の基本画面

ここでは、ツールバーからこだわり編集をクリックした後に表示されるこだわり編集の基本画面をご説明します
banner14

演出エフェクトを挿入配置削除変更

banner15

写真 画像静止画の挿入配置

エフェクトをエフェクトトラックに挿入した後、次に写真を挿入していきます
banner16

写真静止画をセピア モノクロ

banner17

写真の切り取り、回転編集

写真の切り取り、回転の方法について説明します
banner18

写真の順番変更並び替え、追加

写真の順番変更、追加、おまけでクリップボードの説明をしています
banner19

作成した演出エフェクトを記憶保存

banner29
クリップボードに作成した演出エフェクトを入れておくことで、
演出を削除したいけど、またあとで気が変わって使用したくなった時にまた作るのが面倒
そういった時に便利です

編集したら再生確認

banner28

再生時間スロー早回し調整

banner27

2つの演出エフェクトを繋げるトランジッション

banner30

シーンとシーンの切り替わりを演出する効果の事をトランジッションといいます。
2つの演出エフェクトを繋げるときに、切り替わる効果になります。
クロスフェードなどがこれにあたります。
YouTube Preview Image

背景を白や画像に変更する

banner31
エフェクトによってできないものもありますが、ほとんどの背景は変更できます。

タイミングについて

banner32
タイミングを合わせるために、いくつかの操作方法を紹介します

  • 途中から再生する方法
  • エフェクトブロックをまとめて移動するのか、一つずつ移動するのか
  • タイムラインの拡大縮小
  • エフェクトブロックの間の空白の調整

についての説明になります

スポンサーリンク

ページ一覧

スポンサーリンク